被災地の子ども達に心の休日を!

氷川ダム親子デイキャンプ 2016

11月27日、氷川ダムにてダム湖周辺の自然素材を活用した環境学習会(デイキャンプ)を実施しました。昨年の熊本地震のため今年は断念していましたが、被災地の子どもたちに自然体験学習会をすることで、ほんのひと時でも地震被災から解放され、思いっきり遊んで心のリフレッシュをしてもらうことを目的として実施することにしました。もともと夏に実施する予定でしたが、台風や大雨のため延び延びになってしまいました。残念ながら当日も雨のため室内だけの学習会になってしまいましたが、自然保護の大切さや日常生活の見直しを親子で一緒に考えるいい機会になったのではないでしょうか。


内 容
@水質検査(生活排水とダム湖の水比べ)と外来魚の学習会等 :熊本大学・熊本高専八代キャンパス
Aダム施設内見学 :次世代のためにがんばろ会・ダム管理所
Bダム湖周辺の野鳥・植物学習会 :八代野鳥愛好会・八代植物友の会
C山菜料理教室(雨のため室内でのお弁当になりました。) :泉の里会長とご友人のみなさま

ダム管理所の方による挨拶 プロジェクターでのダム施設の学習

八代高専の先生によるダム湖の水質や富栄養化の学習

親子で水質検査の体験

八代高専の先生による外来魚の学習

八代高専の先生による水環境保全や防災の学習

ダム湖周辺の植物の学習

ダム湖周辺の野鳥の学習

ダム監査廊の見学を終え、お楽しみのお弁当タイムへ