八代市の「ごみ非常事態宣言」に伴い、まずは市民の意識調査を知ることが必須と思い、教育委員会の許可を得て、夏休み前に一部地域の小学校と幼稚園でごみ問題のアンケートを取らせて戴きました。

アンケートの結果では、多くの保護者の意見として、「分別のことがよくわからないので詳しく知りたい」
「私は一生懸命分別して出しているのに、他の人のごみ袋には、資源物が入っているのを見て、がっかりする」
「子どもたちにも教育として教えて欲しい」などが有りました。

そこで、ごみ問題情報誌の作成を熊本高専八代キャンパス上久保ゼミの方々と共同で作成しました。また、監修に八代市ごみ対策課もご協力いただきました。(官・学・民・産の共働作業です^^V)
表面と裏面が有ります
どうぞご覧ください。またこちらからダウンロードもOKです。